<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
薪のこと





c0072283_16542996.jpg

風が吹くたび鉄の犬が地獄でギャンギャン啼いているふうのナゾの音。
正体はこの風見の羽根だった。エントツをつたって家の中に鳴りひびく。
今はケムリといっしょに昇っていった薪の油分でもう鳴らない。







c0072283_16574137.jpg

大工さんに建材のあまりをとっておいてもらって
とりあえずはそれを適当に切って薪にした。
建材は思った以上にたくさんあった。










c0072283_1658246.jpgc0072283_1659692.jpg

c0072283_16595974.jpg


しばらくして
もっと薪を用意しなきゃとおもっていたところ、
隣り町に安くわけてくれるという人があらわれた。


硬くて重い燃えつきにくい高級な薪、の端材で
トラックいっぱい積んで帰ってきた。
今年切ったばっかりでほんとに燃えにくかったので
庭で干しながら使うことにした。










c0072283_1711947.jpg


・焚きつけの紙
・焚きつけの細い木や枝
・よく燃える薪
・燃えにくい薪

この4種類でうまくいくことがわかった。燃えにくいのを入れておくと火が長持ち。
紙ゴミは捨てずに燃やすようになった。











c0072283_172765.jpgc0072283_1723567.jpg

よく燃える薪はさいしょのうち、建材を使っていたけどなくなってきた。
そのころ、杉山の管理をしている身内が間引き杉やらなにやら木材を分けてくれた。
乾いてとてもよく燃える。 


c0072283_1732120.jpg


雨がふったら薪が湿ってしまうので
4~5日分は家の中に用意しておく。
(薪は「乾かす」ところがポイントだ。)
アリんこが薪に紛れて家の中にはいってくる。









c0072283_174346.jpg

焚きつけの小枝をひろって歩くのは楽しい。
これでだいたい4、5日分。
(なくなるまえにまたひろっちゃうけど)










c0072283_18171513.jpgc0072283_175821.jpg

こうして冬の間中たのしんで、ストーブの中は灰でいっぱいになった。

灰は庭にまくと養分になると聞いていたけど
ここらの土質は石灰質で灰は余分だという話なので川岸にまいた。
(渋柿の木の根元にまくといいっちゅう話もある)



今朝はまだ明け方氷点下だった。
あともうしばらくストーブ使います。










c0072283_1763497.jpg

[PR]
by etne_yu | 2008-03-23 18:33 | いろいろ
ブリキのエントツ





c0072283_17254054.jpg古い洋物でブリキ製の
←これに合わせてエントツもブリキのを
探していた。

c0072283_17275236.jpg業者さんも探してくれたけどけっきょく、
「そういうのはもうないです」と。

ガッカリして近所の金物屋さんに行ってみたら
←あった。







c0072283_1737221.jpgc0072283_17374558.jpg

さっそくのぼったりおりたり切ったり打ったりして








c0072283_17393147.jpg

準備完了。






c0072283_17421121.jpgいざ点火!




・・・してみたら台の下からケムリが出たので、次の日川砂をひろってきて中に敷いた。

c0072283_17462570.jpg










c0072283_18151274.jpgそれと天井裏が凍ってるようなとき
上から水が落ちてくることがあって、
雨漏りかとおもって屋根張り屋さんにみてもらったりした。

エントツが少し天井に近かったようだ。

c0072283_1817916.jpgあとはストーブを移動したいとき
エントツもどうにかする必要がある。あたりまえだけど。
1回移動した。









c0072283_1817388.jpgそんなかんじでストーブを使いはじめた。
もう3月だけどまだ使っています。




ストーブばなし次回へつづく。

[PR]
by etne_yu | 2008-03-14 18:41 | いろいろ


Top

-------------

 試行錯誤長期戦。


-------------

--- 日 写
--- 猫とベジテイション



カテゴリ


植物

いろいろ
以前の記事
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
more...
その他のジャンル
画像一覧