薪のこと





c0072283_16542996.jpg

風が吹くたび鉄の犬が地獄でギャンギャン啼いているふうのナゾの音。
正体はこの風見の羽根だった。エントツをつたって家の中に鳴りひびく。
今はケムリといっしょに昇っていった薪の油分でもう鳴らない。







c0072283_16574137.jpg

大工さんに建材のあまりをとっておいてもらって
とりあえずはそれを適当に切って薪にした。
建材は思った以上にたくさんあった。










c0072283_1658246.jpgc0072283_1659692.jpg

c0072283_16595974.jpg


しばらくして
もっと薪を用意しなきゃとおもっていたところ、
隣り町に安くわけてくれるという人があらわれた。


硬くて重い燃えつきにくい高級な薪、の端材で
トラックいっぱい積んで帰ってきた。
今年切ったばっかりでほんとに燃えにくかったので
庭で干しながら使うことにした。










c0072283_1711947.jpg


・焚きつけの紙
・焚きつけの細い木や枝
・よく燃える薪
・燃えにくい薪

この4種類でうまくいくことがわかった。燃えにくいのを入れておくと火が長持ち。
紙ゴミは捨てずに燃やすようになった。











c0072283_172765.jpgc0072283_1723567.jpg

よく燃える薪はさいしょのうち、建材を使っていたけどなくなってきた。
そのころ、杉山の管理をしている身内が間引き杉やらなにやら木材を分けてくれた。
乾いてとてもよく燃える。 


c0072283_1732120.jpg


雨がふったら薪が湿ってしまうので
4~5日分は家の中に用意しておく。
(薪は「乾かす」ところがポイントだ。)
アリんこが薪に紛れて家の中にはいってくる。









c0072283_174346.jpg

焚きつけの小枝をひろって歩くのは楽しい。
これでだいたい4、5日分。
(なくなるまえにまたひろっちゃうけど)










c0072283_18171513.jpgc0072283_175821.jpg

こうして冬の間中たのしんで、ストーブの中は灰でいっぱいになった。

灰は庭にまくと養分になると聞いていたけど
ここらの土質は石灰質で灰は余分だという話なので川岸にまいた。
(渋柿の木の根元にまくといいっちゅう話もある)



今朝はまだ明け方氷点下だった。
あともうしばらくストーブ使います。










c0072283_1763497.jpg

[PR]
# by etne_yu | 2008-03-23 18:33 | いろいろ
ブリキのエントツ





c0072283_17254054.jpg古い洋物でブリキ製の
←これに合わせてエントツもブリキのを
探していた。

c0072283_17275236.jpg業者さんも探してくれたけどけっきょく、
「そういうのはもうないです」と。

ガッカリして近所の金物屋さんに行ってみたら
←あった。







c0072283_1737221.jpgc0072283_17374558.jpg

さっそくのぼったりおりたり切ったり打ったりして








c0072283_17393147.jpg

準備完了。






c0072283_17421121.jpgいざ点火!




・・・してみたら台の下からケムリが出たので、次の日川砂をひろってきて中に敷いた。

c0072283_17462570.jpg










c0072283_18151274.jpgそれと天井裏が凍ってるようなとき
上から水が落ちてくることがあって、
雨漏りかとおもって屋根張り屋さんにみてもらったりした。

エントツが少し天井に近かったようだ。

c0072283_1817916.jpgあとはストーブを移動したいとき
エントツもどうにかする必要がある。あたりまえだけど。
1回移動した。









c0072283_1817388.jpgそんなかんじでストーブを使いはじめた。
もう3月だけどまだ使っています。




ストーブばなし次回へつづく。

[PR]
# by etne_yu | 2008-03-14 18:41 | いろいろ
古材で台所





c0072283_11442440.jpg


大工さんに作ってもらった台所の台。
木材は知り合いがずっと住んでいた古い農家を解体したときの床材をもらった。
水に強い栗材、枚数もあって立派だったので、いつか何かに使おうと
東京のせまいアパートに住んでいるときも部屋の中で大事にとっておいた。




c0072283_1262715.jpg作家時、最初の展示のDM撮影に使った
←この板。思い出深い。






c0072283_11555220.jpgc0072283_11561123.jpg
c0072283_11563886.jpgc0072283_12242598.jpg

古く乾いてカサカサの質感が気に入っていたけど
台所に使うわけだし、、水に強いといっても腐っちゃったら悔いが残るぞ、、と
悩んだあと思い切って蜜蝋を塗ることにした。








c0072283_136638.jpg水分はけっこうはじく。
熱いものを置くと蜜蝋がとけてアトがつく。
塗装とちがう自然な感じがあると思う。








c0072283_12554671.jpg台の内側は冷凍庫とか
オーブンとかをはめこんだ。



c0072283_130990.jpg外側はパタパタ棚。
傷んだ古い松材をもらった。
中は本と漫画。
(うちは漫画が1000冊以上あるが
この棚のおかげでまったくわからんだろう)












c0072283_1373616.jpg

[PR]
# by etne_yu | 2008-01-18 13:24 |
● その後1ヶ月





c0072283_18141033.jpgc0072283_18125179.jpg

アッという間にひと月。
干し柿はもうできたので一つずつ包んで冷凍保存。






c0072283_18194293.jpg

台所の流しのところはあのあとタオル掛けをつけた。







c0072283_18202537.jpgc0072283_1820419.jpg

丸とか四角とかあいてた穴は



c0072283_1822654.jpg

いちおう塞ぎました。
が、まだ未完成。
えんとつ突き刺してあります。










c0072283_18251015.jpg

洗面所は電気をつけた。
水はまだ。



c0072283_18253265.jpg

こどものときから使っていたカガミを分解して正面に貼ろうと思ったが
なんだか小さかった。
なにか他のをさがしてつけることにする。
[PR]
# by etne_yu | 2007-12-20 18:38 |
● 暮らしはじめ





c0072283_16345564.jpg


引っ越してきました。






c0072283_16351544.jpgc0072283_1635327.jpg

まだ洗面台は蛇口も排水もできてない(照明も)。
窓はテープで×印してかろうじて強風に対抗している。



c0072283_16355642.jpg

壁にはえんとつとか換気扇ダクト用の穴が丸とか四角とか開いたままだ。
(ある朝起きたら家のなかを鳥が飛びまわっていた)








c0072283_17173261.jpg

でも作りかけの家でも生活はできる。
これは煮たカリンをさっき濾したところ。ストーブで煮詰めてシロップにします。





c0072283_16363381.jpgc0072283_16365227.jpg

柿をたくさんもらうのできのう剥いて干した。





c0072283_16371395.jpg

その前はリンゴと洋ナシをオーブン焼きにしてみた。
秋だからくだものをよく頂く。
台所はもうちゃんと使える。








c0072283_16373130.jpgc0072283_16374938.jpg


とはいえ、まだ作業中のところもある。
今朝、ながしのラワン材のところにブリキを貼った。


他のところもこれから少しずつ作業を進めていく予定。
[PR]
# by etne_yu | 2007-11-22 17:25 |


Top

-------------

 試行錯誤長期戦。


-------------

--- 日 写
--- 猫とベジテイション



カテゴリ


植物

いろいろ
以前の記事
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
more...
その他のジャンル
画像一覧